任意整理のデメリット

● 信用情報機関に登録されます(ブラックリスト)

他の債務整理方法と同様に、信用情報機関、いわゆるブラックリストに一定期間登録されることになります。その後、3~7年間ほど、カードの利用や金融機関からの借入れが難しくなります

● 任意整理が適用できない場合もありえます

任意整理の条件として、通常3年から5年での分割返済の和解をしますが、それより長期の返済計画を提示すると、和解が成立しないことがあります。また、ある程度の定期収入が見込まれることなども条件になります。

● 思うような和解が成立しない可能性もあります

任意整理はあくまでも私的な債務整理方法ですので、結果が確約されるものではありません。依頼した代理人によって和解条件が依頼者に不利となったり、または和解自体が不成立となることも考えられます。

● 裁判手続ほどは借金の減額ができない

任意整理は、裁判手続である自己破産や個人民事再生手続のように、借金の全額(もしくは一部)が免除されるわけではありません。減らせる借金の額は裁判手続による債務整理よりも低くなります。




事務所検索

全国対応の事務所はこちらから
■各地域の弁護士事務所 司法書士事務所を探す

北海道

北海道

東北

青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島

関東

神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木

東京

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区
目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 その他東京

北陸・甲信越

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

東海

静岡 愛知 三重 岐阜

近畿

大阪 滋賀 京都 奈良 和歌山 兵庫

中国

岡山 広島 鳥取 島根 山口

四国

香川 徳島 高知 愛媛

九州・沖縄

福岡 佐賀 熊本 大分 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

△ このページのトップへ